総量規制について

2016/04/27

キャッシングを考えている人であればある程度調査していると、見慣れない総量規制という言葉に当たります。ではいったい何のことをいっているのか初めて聞く人には難しいかも知れません。まずは総量規制について確認をしておきましょう。

簡単に総量規制について説明すると個人としての借り入れ総額が実に年収としての3分の1までに制限がされてしまうことを指します。ここで注意して頂きたいのが一部例外とする借り入れも入りますので注意してください。主に総量規制として対象となるのが個人向けの貸付であるということを認識しておいてください。

個人の貸付ではない法人向けの貸付や保証、または個人向けの場合でも故人向けの保証について実際は総量規制の対象となりますので覚えておきましょう。それでは先ほどから述べている個人向けの貸付とはどのようなことを言うのでしょうか。例えば事業用資金として個人が借入をした場合はどうでしょうか。

このような場合には総量規制の対象とならないのです。このようにどれ場合が総量規制の対象となりどのような場合が総量規制の対象外となるのかを自分でしっかり確認をしておくといいでしょう。その他には例えば銀行で融資される専業主婦でも借りられるカードローンについては総量規制の対象外となります。自分が借入しているものが総量規制の対象になるのか、もしくは対象外となるのかをきっちり自分で理解すると非常に役に立ちます。そこで年収の3分の1とは、返済可能なぎりぎりラインの金額なのです。法律はこのような理由により施行されました。

友人のキャッシングに対する考え方にびっくり

2016/04/26

クレジットカードの引き落としの時に残高が足りず、キャッシングになっていた知り合いの話は聞いたことがあります。その人はまだ働き出してすぐで貯金もないけど、飲みに行くのが好きでお金を良く使ってしまうそうです。ほんの数千円足りなかっただけなら次の給料日には必ず返せるし、それで数百円の手数料で済むなら別に構わないといっていました。しかし私は数百円もつもれば結構な額になるのになぁと思って、価値観の違いにびっくりしました。基本的にキャッシングは、お金の管理にずぼらな人が使うはめになってしまうという印象だったのですが、その実例を見てしまったようです。
キャッシングは、いつでも好きな時にお金を借りることができる便利なシステムだとおもいます。お金が急に必要になったときに、おろせるのは、すごく便利だとおもいます。しかし、便利ですが、便利だからこそ、落とし穴があると思います。調子にのって使いすぎて、何度もかしかりを繰り返して、返済するのが困難になり、また別のカードを作っては、借りて、返済しての繰り返しになってしまいます。間違った使い方をしては、便利なキャッシングのシステムは、逆に大変ほ思いをしてしまうはめになってしまうと思います。最終的には自己破産するはめになってしまいます。カード利用は気をつけなきゃいけないですね。専業主婦カードローン審査についてはこちら

アルバイトでもキャッシングが可能

2016/01/19

銀行口座に残高がなくて、でもお金に急に必要になったとき、キャッシングサービスが利用できると助かります。
消費者金融などが提供しているキャッシングサービスは、審査に通ったらお金を借りることができ、ローンとして毎月少しずつ返済することになります。
融資を受けるためには、金融業者が独自で定めている審査を受ける必要がありますが、安定した収入があれば、カードローンを利用することができます。
安定した収入とは、正社員はもちろん、派遣社員やアルバイト、パートなどの雇用形態も含まれます。
アルバイトであっても毎月、安定した収入があることが給料明細や源泉徴収所で証明できれば、融資を受けることができます。
金銭的に困ることは誰でもありますから、もしものときに融資が受けられることがわかっていれば安心です。
融資を受けたことで、急場をしのぐことができたという体験談もあるように、カードローン利用することで解決できることがあります。
返済を計画立てて行えば、負担に感じることなく、上手にローンと付き合っていけます。
学生の方がお金を借りてもカードローンの利用がバレることはありません。

在籍確認では、銀行名や個人名を名乗ってかかってきます。
郵便物も、原則銀行名で送られてくるので心配はいりません。

引用:専業主婦がお金を借りる方法S4|旦那に内緒OKのカードローン
疑問点を解消したあとに申込することで安心して利用することができます。