総量規制について

キャッシングを考えている人であればある程度調査していると、見慣れない総量規制という言葉に当たります。ではいったい何のことをいっているのか初めて聞く人には難しいかも知れません。まずは総量規制について確認をしておきましょう。

簡単に総量規制について説明すると個人としての借り入れ総額が実に年収としての3分の1までに制限がされてしまうことを指します。ここで注意して頂きたいのが一部例外とする借り入れも入りますので注意してください。主に総量規制として対象となるのが個人向けの貸付であるということを認識しておいてください。

個人の貸付ではない法人向けの貸付や保証、または個人向けの場合でも故人向けの保証について実際は総量規制の対象となりますので覚えておきましょう。それでは先ほどから述べている個人向けの貸付とはどのようなことを言うのでしょうか。例えば事業用資金として個人が借入をした場合はどうでしょうか。

このような場合には総量規制の対象とならないのです。このようにどれ場合が総量規制の対象となりどのような場合が総量規制の対象外となるのかを自分でしっかり確認をしておくといいでしょう。その他には例えば銀行で融資される専業主婦でも借りられるカードローンについては総量規制の対象外となります。自分が借入しているものが総量規制の対象になるのか、もしくは対象外となるのかをきっちり自分で理解すると非常に役に立ちます。そこで年収の3分の1とは、返済可能なぎりぎりラインの金額なのです。法律はこのような理由により施行されました。

コメントは受け付けていません。